サロンレポート SALON REPORT
SPA PROFESSIONAL > サロンレポート > ライター大崎百紀のサロンレポート

ライター 大崎百紀のサロンレポート

salon de Bonheur ~サロン ド ボヌール~

2012年に神宮前にオープンした、隠れ家サロンに行って来ました.
ウェスティン東京のスパセラピストを経て独立した秋山あす香さんの「サロン・ド・ボヌール」です。
「外苑前」駅から徒歩5分程度。
コンクリートの打ちっぱなしのマンションでお出迎えしてくださったあす香さん、可愛らしいです。
素敵な笑顔にほっこりします。

あぁ、来て良かった。

20151016-salondebonheur1.jpg

透明感たっぷりのお肌は、シミひとつない・・・。羨ましい!
彼女に施術してもらえるのが楽しみになってきました。

今日はアンネマリー・ボーリンドの商材を使った
「アンチエイジングフェイシャル90分」(16800円)を受けます。
アンネマリー・ボーリンドといえば、「食べられない化粧品は作らない」で有名な
ドイツ発信の、オーガニックなコスメブランドです。
2005年12月に日本に上陸し、はや10年。
私もこれまで沢山のボーリンド取り扱いサロンに足を運んできました。

さて、最初のカウンセリングでは、
フットバスで使用する精油(取り扱いブランドはフレグラントアース)を選びます。
なんとなく今日はレモングラスとラベンダーアルパインにしました。
フェイシャルのコースですが、アルプスの岩塩と、精油で、しっかり身体を温めるフットバスからスタート、なのです。
ちなみにここのサロンのリピーターさんの多くが、アンチエイジングフェイシャルのコースに、ボディの背面のマッサージ(30分8400円)のオプションをつけるのだそう。
確かに、フェイシャルだけをどんなにケアしても、全身がほぐれて血行がよくなければ
効果薄し、ですからね。メニュー表には、英語版もあり、外国人対応もバッチリです。
(さすが海外のスパでの勤務経験がおありのあす香さん。)


さて1階で丁寧なカウンセリングが終わると、とうとう施術!
階下のトリートメントルームへ移動します。

20151016-salondebonheur2.jpg

地下は、より隠れ家らしさ抜群。おこもり感たっぷりです。
スクラブのコースで使う程度だというバスルームがとっても素敵。
さすが、デザイナーズマンション。
今回は、フェイシャルのコースですから、このバスタブは使いませんでしたが、
いつかここでゆっくりバスタブに浸かって身体を温めてから、
トリートメントを受けたいな!

20151016-salondebonheur3.jpg

ここにいるだけで、贅沢な気分が味わえて、
リラックス度は満点です。
見てみてこの鏡台も!
とっても素敵です。

トリートメントは…
私はドイツのオーガニックコスメ、「アンネマリー・ボーリンド」の施術が大好きなので
日本でもドイツでもボーリンドのコースを多く受けているので、コースそのものは
ほとんど同じですが(ホントにボーリンドは最高のブランド!お肌にも、心にも)
今日は、あす香さんの、しっかりほぐし系の、デコルテマッサージにとにかく癒やされました。
あす香さん、ハンド的には、ゴリゴリ、指圧系のボディのマッサージの才能も絶対あるはず!
フェイシャルだけでなく、ここではぜひボディもウケるべし!と思いました。
(圧のかけかた、手のひらの密着度など最高です)

シーウィードマスクも久々に受けましたが、植物の栄養が肌に浸透していって、肌が元気になるのが
施術中にわかりました。やっぱり、植物のパワフルな力が入っていきます。
本当に私、いつも言っていますが
ボーリンドは最高です。
(大好きです。ドイツの本社にまで行ってしまうほどのファンです)

シーウィードマスクは、目の上にもしっかり載せてもらい、寝不足でくすみがちだった目回りもスッキリ。
目が少し大きくなった感じです。

最初はあす香さんとのお話が面白くて、色々話しかけていたけれど、
途中から、いびきをかいて寝てしまいました(恥ずかしい!)
深い眠りについて、なんだか遠いところに行って来たような、深い癒やしの90分が終わると
1階に戻ります(現実へ)。ローズティを飲んで、あす香さんとお話をして、のんびりしてから帰りました。
昼下がりに来たのに、もうあたりはすっかり暗くなっていました。

本当にありがとうございました、の気持ちでいっぱい。

20151016-salondebonheur4.jpg

【サロン情報】
Salon de Bonheur(サロン ド ボヌール)
東京都渋谷区神宮前2丁目
TEL: 03-6447-0258
ホームページ
▶ アンネマリー・ボーリンド ブランドサイト
∧ PAGE TOP