取扱いブランド紹介
SPA PROFESSIONAL > 取扱いブランド紹介 > ボーリンド社CSR
Corporate Social Responsibility (企業の社会的責任)
ボーリンド社のCSR
Environment and Resources 環境と資源
  • ボーリンド社は、動物を殺傷して得られた成分は使用しません。
    また、動物実験は行いません。
  • ボーリンド社は、有機栽培・バイオダイナミック農法の植物原料を使用することによって、有機栽培農家やバイオダイナミック農法を支援しています。
  • ボーリンド社は、製造過程や冷却過程において発生する熱エネルギーを回収し、再利用しています。
  • 水力や風力、太陽光電力によるグリーンエレクトリシティ(地球にやさしい電力)の使用によって、ボーリンド社は年間330トンのCO2排出を削減しています。





Human and Society 人と社会
  • ボーリンド社は、フェアトレード(*)から得た植物原料を使用しています。また、それらの原料が高い品質と適正価格を保てるよう支援しています。
  • サプライヤーを選ぶとき、ボーリンド社は公平な賃金が支払われているか、子供に労働をさせていないかなど、人道的な労働条件を特に重要視しています。
  • ボーリンド社の社会貢献は、国営の独立機関によって認められています。
  • ボーリンド社は、Socio-Ecological Projects(社会的環境保護プロジェクト)や、慈善プロジェクトに広く参画し、長期的支援を続けています。

    例:Luise von Marillac Clinic (Bad Uberkingen, Germany)
    乳がんの女性のためのリハビリテーション施設。ここでは、個別にコンサルティングセッションを受け、個々に合った特別なトリートメントを受けることができます。






*フェアトレードとは?

発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、 立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動。
【 ボーリンド社が使用する「フェアトレード原料」の例 】
ケニアの農夫
250人が育てる
オーガニックオイル
・アボカドオイル ・アーモンドオイル
・セサミオイル
イラン・ケルマーン
高原の女性が育てる
ダマスクローズ
・ローズウォーター
 
マリ共和国・
シオコロ村の
家族が育てるシア
・シアバター
 

∧ PAGE TOP